薬剤師の種類と仕事内容

MENU

薬剤師の種類と仕事内容

薬剤師の種類と仕事内容

 

薬剤師の仕事内容について

薬剤師調剤の薬

医療専門職には、さまざまな職種があります。医師や看護師、理学療法士などの中でも、薬剤師は医薬品のプロフェッショナルとして高い信頼を得ています。

 

薬剤師の仕事内容は、患者の病気や怪我の治療のために医師の指示に基づいた処方薬を正確に患者に提供することです。また、正しい服用方法や副作用の危険性についての説明をしっかりと行う義務があります。

 

患者が少しでも不安や疑問に思う点があった場合には、納得できるまでわかりやすく丁寧に対応しなければなりません。薬剤師の仕事は、人の命を預かる非常に責任の重い仕事ですので、ほんの少しのミスも許されません。そのためには、高い集中力と何度もチェックする注意力が必要とされます。

 

薬剤師の仕事を探す場合には、薬剤師求人情報を確認することで自分にあった薬剤師の種類と仕事内容を見つけることができるでしょう。薬剤師の仕事は、常に患者や看護師などの医療専門職と接する仕事ですので、相手にしっかりと情報を伝えることのできるコミュニケーション能力も求められます。

 

このように、薬剤師は、専門的な知識や豊富な経験はもちろん、臨機応変な対応力や責任感、親しみやすいコミュニケーション能力など、あらゆる要素が必要とされているのです。患者から感謝されることも多く、高い信頼と支持を集めていますので、非常にやりがいのある仕事といえます。

 

 

薬剤師の方の病院薬剤師としての仕事内容

病院薬剤師

病院薬剤師とは、病院に勤務して入院患者さんや外来の患者さんに医師が発行した処方箋を基に調剤を行い、また患者ごとに過去の薬や副作用歴等を記載する薬歴を作成し管理をする薬剤師のことをさします。

 

その仕事内容としては1つ目に入院患者や外来患者に医師の処方箋をもとに薬を調剤して提供したり、他の診療科や既に服用している薬との飲み合わせを確認することがあげられます。

 

そして2つ目に注射薬調剤業務として入院患者さんに医師の処方箋を基に調剤を行うことです。血液に直接入れるために無菌状態で調剤を行う為に特に注意を行いながら調剤し、薬剤毎での配合変化などにも十分注意を払います。

 

3つ目は製剤業務として、一般に出回っていない薬や注射剤、高カロリー輸液、抗がん剤の製剤を行う仕事です。他にも病院内で使用、管理している薬剤や衛生材料などの品質や在庫管理、発注などの作業や医薬品の有効性や安全性を看護師などの院内スタッフに情報提供する役割も担っています。

 

さらには治験業務として新しい薬を製造するために患者に協力してもらい、その薬の効き目や安全性を確かめる試験を行い、厚生労働省で審査され認めてもらうというプロセスに立ち会い、患者さんに負担のかからないようにその経緯を慎重に見守るといった仕事もあります。

 

病院内でも薬剤師の専門知識や技術は高く評価されており、スムーズな業務の遂行にあたって薬剤師の存在は必要不可欠といえます。

 

 

学術薬剤師の薬剤師としての仕事の内容とは

薬剤師というと、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで処方箋を見ながら薬を出し、説明をする仕事だというイメージがあります。確かに、そのような仕事に就いている人も多いのですが、実はほかにもいろいろな働き方があります。一例としては、企業などで働くという方法です。

 

製薬メーカーや医薬品メーカーでは、薬事部で法律を扱いながら、薬事申請の業務をする薬事薬剤師や工場などで品質管理をする薬剤師や学術薬剤師などが必要です。

 

中でも学術薬剤師とは、自分の会社のMRや一般人に対して、製品の安全情報や関連文献における最新かつ正確な医薬品情報を提供する専門職です。外資系では、マーケティングや営業的な側面を持つ職種でもあります。

 

具体的には、研究会や学術講演会の企画をしたり、MRと共に販促支援活動をしたり、製品情報概要の製作や疾病説明資料などの資料の作成 、問い合わせの対応などが主な仕事内容になります。その企業によっても、内容は異なってきます。

 

学術薬剤師として求める人材としては、高い専門知識を持っていることが必須となります。また、コミュニケーション能力や協調性が求められます。さらには、情報収集や資料作成のためのパソコン能力が求められます。

 

 

MS薬剤師(マーケティング・スペシャリスト)と薬剤師の仕事の違い

MS薬剤師(マーケティング・スペシャリスト)は、数多くの医薬品の中から医療現場のニーズに合った最適な医薬品を提案する仕事です。

 

毎日のように新しい薬が開発され、日進月歩の医薬品業界の中でも、さまざまな製薬会社のあらゆる薬の知識を、豊富な選択肢の中から選ぶ重要な役割を持っているのです。

 

さらに、MS薬剤師(マーケティング・スペシャリスト)は、薬剤師の国家資格を持っていますので、医薬品の専門的な知識や効能などを全て比較した上で、最も効果的で副作用の少ない最善の薬を提供することが可能なのです。

 

このように、MS薬剤師(マーケティング・スペシャリスト)は、豊富な医薬品の専門的な知識を活かして、効能や効果、コストなど総合的に判断してアドバイスなども行えるスペシャリストといえます。

 

一方、薬剤師の仕事は、基本的に医師の指示に基づいた処方薬を患者に提供しています。患者の病気や怪我の治療のために、さまざまな健康相談や健康指導も行っているのです。また、安全に薬を服用するために、正しい飲み方や服用の注意点などを患者に指導することも多く見られます。

 

このように薬剤師とMS薬剤師は、共に患者の治療と健康のために、自らの専門知識や経験を最大限に活かして全力で取り組んでいるのです。

 

 

薬剤師の仕事には薬事薬剤師という役目があります

薬剤師というと、調剤薬局やドラッグストアなどで、処方箋に沿った薬の準備と説明をするような仕事をイメージします。確かに、薬剤師の免許を持っているほとんどの人がそのような仕事であれば就きやすいので、特に女性は正社員のほか、アルバイトやパートで勤めている人も多いことでしょう。収入等の待遇もよいため、安定してできる仕事として女性には人気があります。

 

しかし、薬剤師の免許が使えるのは、そういった仕事だけではありません。企業などで薬事薬剤師としては働くこともできます。薬事薬剤師というのは、内資・外資などの製薬メーカーや医薬品メーカーで、日本の薬事法に従って薬事申請をしたりする仕事です。

 

かなりの専門職にあたるため、高い英語力と専門性を備えていなければできない職種です。ですから、街の薬局の薬剤師とは内容やプレッシャーや勤務時間などからして、全く違うのです。

 

専門職であるからこそ、その業界でのヘッドハンティングの話も多く、転職経験者がとても多いのも特徴であり、かなりの好待遇が期待できます。薬事薬剤師をするのが初めての場合では、まず品質管理の薬剤師として企業に入り、法的な部分などの詳細について学んでいくことをおススメします。

 

 

MR薬剤師(医薬情報担当者)の薬剤師としての仕事

薬剤師としての国家資格をもっていると、企業にMR扱いで採用される場合があります。MRとは製薬会社の営業マンのイメージが強いのですが、本来は医師や薬剤師をはじめとする医療従事者に自社の医薬品についての正しい情報を提供するという役割でした。

 

よってMR薬剤師(医薬情報担当者)の仕事内容として、自社企業の医薬品の知識や効能を十分に理解し、薬剤師としての専門知識をもって取引先の医院や薬局にその商品を紹介することが最も重要であるとされています。

 

またMRには薬学部出身者のみでなく、文系学部出身者の採用も多く、入社時にもっている知識に各々で差があるため、近年では2007年にMR認定試験が導入され、入社してからも自社の薬剤に関する学びを十分に深め、勉強することでMRが一定したレベルの知識をもてるようにする試みもなされています。

 

薬剤師としての資格をもっていれば、元々の専門知識や調剤技術も十分にあることから、そこに自社製品への知識を身につけることで、営業担当先の医院や薬局でもかなり親身に話を聞いたり、より具体的な説明をすることも可能といえます。

 

医院や薬局側の仕組みや仕事内容も把握している薬剤師という立場だからこそ、より一層丁寧な情報提供をすることができ、結果に結びつくことも多いです。
たくさんの薬が流通する中で、本当に役に立つお薬を提供するために尽力することがMR薬剤師としての仕事であるといえます。

 

 

DI薬剤師(医薬品情報管理業務)としての薬剤師の仕事

薬剤師の大きな仕事の一つに、DI薬剤師(医薬品情報管理業務)としての仕事があります。

 

DI(ドラッグ・インフォメーション)業務は、医薬品の情報を必要としている医療従事者に対して適切な情報提供を行う業務です。「ある医薬品の情報が欲しい」と医師や看護師、薬剤師などから依頼を受けたら、DI業務の担当者は直ちにその医薬品についての情報を集めます。集めた情報の内容は専門的知識をもとに評価し、評価した内容をまとめて資料として依頼者へ提供します。

 

依頼が無い場合でも、新たな適応症の追加や重篤な副作用についての報告など、医薬品に新しい情報が追加されれば、その都度医療従事者へ情報を提供します。また、DI業務を行っている者自身も、知識を広げて業務に活かすために常に情報収集を行っています。

 

DI業務は医療従事者への情報提供という形で、薬物療法の適切な実施を間接的に支援する役目を果たします。この役目を果たすには、医療や医薬品に関する知識が不可欠となります。そのため、DI業務の従事者には薬剤師免許の保有者が多数います。

 

DI業務を行う者は病院などの医療機関や製薬会社、医薬品の卸会社など、医療に関係している様々な機関・企業に置かれており、それぞれの立場から日々医薬品に関する情報の提供が行われています。

更新履歴